2013年01月30日

実話・南千住の怪談2


前回→実話・南千住の怪談



深夜2時近く、着物着た女性がこんなところで何しているんだ?



不思議に思ったものの、それほど気には留めなかった。




疲れていてそれどころではなかったのかもしれない。



そのとき、真後ろで声がした。




俺はきっとビックッとなったと思う。



振り返ると、先ほどの着物の女性。



小さな声で俺に話しかけてきている。



たぶん、俺と女性の距離は10メートルは離れていた。




それを確認したのはわずか数秒前だぞ?



足の痛い俺は、確かにゆっくり歩いていた。



でも、歩いてはいたのだ。



女性が走れば別かもしれないが、10メートルの距離を数秒で縮められるものだろうか?




と、ここまで冷静な分析はあのときの俺はできなかったが、少し不気味には感じていた。




女性は小さな声で、「コヅ・カ・×××・・じょ・どこですか?」と言っている。



どうやら道を尋ねたいみたいだが、何を言っているのか聞き取れないし、俺は東京の人間じゃない。




「あの、すみません。俺、この辺の人間じゃないんすよ。」




俺がそう言い終わるか終わらないうちに、女性はさびしそうな顔をして




「わ・かりました・・・」



と小さく声を出す。




俺は、前を向き歩き出しながら考えた。



少し冷たかったかな?



もうちょっと親切に、一緒に場所探した方が良かっただろうか?



深夜、道に迷って困っているのかもしれない。



など考えてしまった。



女性のさびしそうな顔で罪悪感を感じてしまったのだ。




よし、一緒に探してやろう。



そう思い、振り返る。



そこに女性の姿はなかった。



せいぜい10数秒の間に忽然と。



あたりを見渡したが、横に曲がる場所も身を隠す場所もなさそうだ。




俺は全身に寒気を感じた。





足の痛みや疲れは吹き飛んでしまった。




とんでもない恐怖感に襲われ、走って家に帰った。




家に帰り着いた後も、しばらく震えが収まらなかった。




その後、あの女性と会うことはない。



俺が10年前に体験した、実話の南千住の怪談だ。



終わり


posted by ぬーベー at 10:06 | 怪談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年01月29日

実話・南千住の怪談


これは10年前に体験した「南千住の怪談」の実話である。



当時俺は北千住で1人暮らしをしていた。



高校卒業と同時に田舎を飛び出し東京で1人暮らしを始めたは良いけれど、バイトバイトでへとへとの生活を送っていた。



ある日、バイトの残業が多くなり、終電ギリギリになってしまった。



駅まで走ったが、最終には間に合わず。




でもなんとか、上野行きには乗ることができた。




上野から北千住までは5キロはあるだろう。




バイトで残業した後、疲れきった体でこの道のりを歩かなければならないのが苦痛だ。




家賃と生活費でギリギリの俺に、タクシーを使える余裕はない。




選択肢などなく、歩くしかない。




まずは、腹ごしらえに上野の牛丼屋に入った。



これからたくさん歩くのだ。



少しくらい贅沢しても罰は当たらないだろう、ということで牛丼大盛りを注文。




バイト終わりで何も食べていない俺には、牛丼が何よりのご馳走だった。





満腹になり少しだけ休憩する。




このまま歩いたら気持ち悪くなりそうだったからだ。





小休憩をはさみ、「よしっ」と気合を入れる。




途中コンビニで何度か道を聞きながら、身体に鞭を打って歩き出した。




足痛え。。



薄っぺらい履きつぶしたスニーカーはクッションが効いていない。




こりゃあ、思っていた以上にしんどいかもな。



上野から1〜2キロは歩いただろうか。




ここがどこだか良くわからないが、北千住に向かう道は1本道だと教わったので、おそらくあっているのだと思う。




周りには車が走ってはいるが、人は少なかった。



突然、ふと後ろに人の気配を感じ振り返る。



10メートルほど離れたところに、女の人が俺と同じ方向に歩いていた。




ただの女の人ではない。




なぜだか着物を着ている。




何で着物だ?



季節は11月。




携帯で時間を見ると深夜2時近くだった。




続き→実話・南千住の怪談2
posted by ぬーベー at 13:44 | 怪談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。