2016年08月05日

レストランの怪 消えてしまった男性

これは管理人が聞いた話。


その人をAさんとしておこう。


Aさんは、学生時代にこじんまりしたレストランでバイトしていたそうだ。


その日Aさんは、ディナータイムの時間帯にバイトに入った。


普段その店は、ディナータイムを4人の店員で回しているそうだ。


ウエイター(ウエイトレス)が二人、コックが二人。


閉店が23時。


その後、1〜2時間ほど閉店作業があるらしい。


終電がある人は、閉店作業の途中でも帰ることがあるのだとか。


その日24時を過ぎて残っていたのは、Aさんとコックの男性(仮にBさんとしておこう)だったそうだ。


ほとんど閉店作業が終わった時だった。


突然コックの男性Bさんが、声にならないような声で小さな悲鳴をあげた。


「ううわっ・・・・」


最初、ゴキブリでも踏んだのかと思ったそうだ。


レストランであるまじきことかもしれないが、その店はゴキブリのよく出る店だったそうで。


Aさんは、コックのBさんの方に目を向けた。


そして、固まってしまったそうだ。


なんと、床から人間のものと思われる手が出ていて、Bさんの足首を掴んでいたのだ。


目の錯覚だと思った。


そして、真っ先に恐怖を感じたはずなのに、AさんはコックのBさんに近づいていった。


近づいた理由は本人もよく分からないらしい。


Aさんが近づいていくと、その「手」はスルスルと床に引っ込んで消えてしまったそうだ。


もちろん、床に穴など開いていない。


「な、なんすか、今の?」


思わず尋ねるAさん。


コックのBさんは、顔面蒼白で小刻みに震え、「さ、さあな。な、何か見えたのか?」と明らかに動揺しながら、何事もないように振る舞おうとしていたそうだ。


Aさんの目には、色々心当たりがあるが言ってはならないことだ、という風に感じ取れたらしい。


もちろん、これはAさんが勝手に感じたことだから、真実であるかどうかは分からない。


Bさんは、過呼吸のように息が荒くなっていたが、それでも平然を装おうとしていたという。


閉店作業も終わり、二人はそのまま帰宅した。


次の日も、Aさんはバイトに入っていた。


夕方になりバイトに行ってみると、店長がカンカンに怒っていた。


何かあったのかと聞いてみると、コックのBさんが無断欠勤しているらしい。


連絡も取れないそうだ。


お蔭で、ランチタイムが地獄だったのだとか。


ランチタイムは、それでなくとも人手が足りていないのだ。


Aさんもランチタイムに入ったことがあるから知っている。


スタッフが揃っていても、かなり忙しく、終わった後はくたくたになってしまうくらいだ。


コックが一人が来てないなら、さぞ大変だったろうなと思えた。


Bさんは20代後半で正社員として働いていた。


今まで無断で休んだことなど1度もなかった。


仕事も真面目で、少なくとも無責任な男には見えなかったそうだ。


もしかすると、昨日の心霊体験(?)と何か関係があるのではないかと、思ったAさん。


Bさんは、その後も一切連絡が取れなくなってしまったのだとか。


さらにその後のことはAさんも詳しく知らないそうだが、噂では完全に失踪してしまったそうだ。


忽然といなくなってしまったのだとか。


深層は闇の中。


あの日見た床から突き出た「手」は、何だったのだろうか?


Aさんの見間違いではなかったのか?


いいや、コックのBさんの態度は明らかにおかしかったそうだ。


「Bさんは、何かを隠していたに違いない」と、今でもときどき思い出すのだとか。


謎の多い話だが、「世の中には、不思議なことってあるのかもしれない」とAさんはしみじみ言っていた。


posted by ぬーベー at 07:01 | 実話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年06月02日

飛び降り自殺を目撃してしまった夜に

これは、管理人が知り合いから聞いた話。


AくんとBくんは、大学の友達。


ある日の昼間、住宅街を二人で歩いていたそうだ。


すると、少し離れたマンションの上から、ドサッドンッとなにかが降ってきた。


最初は、そのマンションの住人がベランダで布団でも干していて、それが落ちてきたのかと思ったそうだ。


だが、それはすぐに違うとわかった。


落ちてきたのは人だったのだ。


一瞬で、パニックと絶望感のようなものに包まれたとAくんは後に語っている。


遠目に見ても、明らかに足がおかしな方向に曲がっていて、血が飛び散っているのがわかったそうだ。


二人はその現場に近づくことができずにいたが、すぐに警察と消防(救急)に連絡した。


その後、警察から聴取されたそうだ。


亡くなったのは、40代の男性だそうだ。


あまりのことに、その日は気が滅入ってしまった。


その晩、AくんはBくんの家に泊まらせてもらうことにした。


恐怖もあったが、それ以上に一人になりたくないという気持ちが強かったそうだ。


Bくんのアパートで、コンビニ弁当を二人で食べ、缶ビールを飲んだ。


あまり会話はなく、食事も進まなかったそうだ。


お互いに気が滅入っていて会話したくない、だけど一人になりたくない、という精神状態だったと本人は語っている。


そして、25時を過ぎたころ、そろそろ寝るかということになった。


電気を消し、Bくんはベッドに寝て、Aくんはソファーで横になる。


Aくんはなかなか寝付けない。


あんな現場を見たのだから当然だろう。


しばらくするとBくんが寝息を立て始めたそうだ。


「こいつは眠れて羨ましいな。」


と思い、時計に目をやる。


深夜3時。


もうすぐ朝になってしまう。


明日は、午前の大学はさぼっても良いが、夕方からバイトだったため、少しは寝たかったAくん。


目を閉じて、しばらくすると夢の世界に旅立つことができた。


が・・・・


急に苦しくなった。


何が何だかわからない。


Aくんが目を開けると、暗闇の中で誰かに首を絞められていた。


苦しさから逃れるため、とにかく暴れた。


腕を振り回し、足をばたつかせた。


なんとか、首から相手の手が外れ、息ができるようになった。


喉が焼け付くようで、何度も咳をした。


咳をしながらも横を見ると、白目をむいたBくんが、顔をこちらに向けていた。


辺りはまだ暗いが、その顔ははっきりと見えた。


Bくんとは1年以上の付き合いがあるが、そんな顔は初めて見たそうだ。


全身に鳥肌がたったが、AくんはBくんの頬を思い切りはたいた。


バチーンっと良い音がして、Bくんは我に返ったそうだ。


Bくんはなぜか激しく息をしていて、少しすると「何?なんで起こすの?」と意味不明なことを言っていた。


自分がしたことを覚えていないのだ。


Aくん曰く、Bくんはとても良い奴で、友達の首をいきなり絞めてくるような奴ではないそうだ。


むしろ、良い奴すぎるくらいの奴だと言っていた。


そんなBくんが、白目をむいて自分の首を絞めてくるなんて、信じられなかった。


Aくんは今起こったことを、Bくんに説明した。


だが、Bくんは信じない。


「ウソだろ?俺、そんなことしないし。」


自分がもしも無意識のうちにそんなことをしていたら、恐ろしいと感じたのかもしれない。


絶対に認めなかったそうだ。


昼間見た自殺のことが関係があるのかどうか、わからない。


霊的なものなのか、それともあまりにショッキングな経験で一時的にBくんの精神が錯乱してしまったのか、理由は不明だが非常に恐ろしい経験だったと、Aくんは語っていた。
posted by ぬーベー at 16:12 | 実話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年04月23日

公園のトイレで見た謎の手

中学のころ。


俺は父親の仕事の都合で、転校した。


転校した先は、ド田舎というほどではなかったが、都会とは呼べないような場所だった。


自宅から中学校まで、片道自転車で50分。


毎日、かなりの距離を自転車で走っていた。


ある日のこと。


俺は、学校の帰り道に無性にトイレに行きたくなってしまった。


立ちションしようかと思ったのだが、人気がないわけじゃない。


ここじゃできないな。


どこか横道に逸れて、立ションしようかと思って、普段通らない道に入っていく。


なかなか良さそうな場所がない。


そろそろ我慢の限界だ。


ああ、もうここらで立ちションしてしまおうかと思ったその時、公園らしきものが見えてきた。


おお、ラッキー。


急いでペダルをこいでその公園に行ってみると、小さな公園なのだが木がうっそうと生い茂り、昼間なのに薄暗かった。


トイレは設置されていたが、さらに薄暗く不気味な雰囲気に見えた。


でも今はそんなことは気にしていられない。


自転車を放り出すように停めると、急いでトイレに駆け込んだ。


ジッパーをおろし、ホッと一息ついた。


間に合った・・・


無事、オシッコが終わると、手洗い場の水道をひねり手を洗った。


鏡越しにトイレ内を見ると、一つだけある個室の扉は閉まっていた。


誰かが使っているようだ。


こんな薄暗い中の個室はさぞ怖いだろうな、なんて思いながら振り返ってみた。


すると、トイレの個室の下の隙間から、手が出ていた。


手、人間の手。


俺は危うく叫び出すところだった。


なんで、こんなところから手が・・・?


幽霊かと思って逃げようかと思ったのだが、これがもし倒れている人だったらどうしよう、とそっちが心配で逃げ出さずにいた。


怖かったが、個室の前まで行き、声をかけてみる。


「あ・・・あの、だ、大丈夫ですか?」


たぶん、声は震えていたと思う。


「あの・・・?大丈夫ですか?」


返事はない。


手は、ピクリとも動かない。


血の気のない薄汚れた感じの茶色っぽい手だった。


おそらく男性の手だ。


俺は怖くて怖くて、どうしようもなかった。


とりあえず誰かを呼ぼうと思った。


トイレの外に出て、辺りを見渡すが誰もいない。


ああ、さっきまでは人通りが多少あった道に今は誰もいないのがもどかしい。


その時の俺は、救急車を呼ぶということが頭になかった。


正確に言えば多少はあったのだが、もし大したことがないのに呼んでしまったら怒られるような気がしていたのだと思う。


「これは本当にヤバい」と確信が持てない以上、まだ呼んではダメだと思っていたのだ。


キョロキョロと挙動不審に、辺りを見渡し続ける。


そのとき、20代か30代か、メガネをかけた細身の男性が通りかかった。


俺は、泣きそうな顔で助けを求めた。


その男性は、俺の表情で緊迫感が伝わったのか、すぐに一緒にトイレに来てくれた。


だが、おかしいのだ。


個室の前まで行ってみると、個室の下から手が出ていないどころか、個室の扉は閉まっていない。


ドアは開いているのだ。


一緒に来てくれた眼鏡の男性は、個室の扉の裏まで確認してくれた。


「誰もいないみたいだね。」


「そ、そうみたいですね。」


なんだか、俺が嘘をついているみたいで非常に気まずい空気が流れた。


そんな空気を察してくれたのか、眼鏡の男性は明るくこう言ってくれた。


「ま、大したことないようで良かったよ。君は酔っ払いでも見たんじゃない?」


そうだろうか?


俺がさっきの「手」を見てから、おそらく2〜3分しか経っていない。


俺は、ずっと公園のすぐそばにいたのだ。


俺に見られることなく、姿を消すことはできるのだろうか?


いろいろ疑問に思ったのだが、誰もいない以上仕方ない。


眼鏡の男性にお礼を言うと、俺も家に帰ることにした。


次の日。


学校が終わり、いつものように自転車で帰っていた。


昨日の公園のすぐそばまで来ると、やけに警察官が多いことが気になった。


そのまま気にせず、自宅に帰ったのだが、家でびっくりすることを聞いた。


なんと、今日、ある男性が亡くなったらしいのだ。


昨日俺がオシッコをした公園のトイレでだ。


トイレの個室で発見されたのだという。


詳しい死因は俺のところまで情報はこなかったが、警察が捜査していなかったことから他殺ではないようだった。


俺が前日に見た「手」と何か関係はあるのだろうかと、本気で怖かった。


起きたまま予知夢でも見てしまったのか、それともあのトイレに何かの霊でも憑りついていたのか、詳しいことは全く分からない。


だが、俺にとっては、とてつもなく怖い経験となった。
タグ:公園 トイレ
posted by ぬーベー at 22:52 | 実話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。