2015年11月06日

中学の卒業アルバムに心霊写真が

これはAさんに直接聞いた話。



---------------------------------------




Aさんは、引越しの荷物をまとめていた。



おっ、これは中学の卒業アルバムではないか。



懐かしい卒業アルバムを発見し、中を覗いてみる。



1ページ1ページめくるたびに、昔の大切な記憶が蘇ってくる。



中学の卒アルなんて、何年ぶりに開いただろう。



久々に見てみると、新たな発見があったりする。



「俺、こんなところにも写ってるや。」



なんて、一人笑っていたのだが・・・・



あれ?



自分が写っている写真。



一見、何の変哲もない。



確かこれは、中学二年のときの遠足で撮られた写真だ。



Aさんを含め、男たちが5人並んで笑顔でピースしている。



あの遠足はあいにくの天気で、小雨が降っていたせいか、写真もどことなくどんよりとした雰囲気。



その暗いイメージの写真だけが、卒業アルバムらしくない気がした。



え・・・・?



そして、Aさんはあることに気がついてしまった。



Aさんの肩の部分から、小さく何かが飛び出しているように見える。



なんだこれ?



虫眼鏡、どこかにあったよな・・・



ああ、これだ。



Aさんは虫眼鏡を取り出すと、自分の写真の肩の部分をよく観察した。



・・・・顔だった。



拡大してよく見なければわからないレベルだが、知らない男の顔が俺の肩から突き出ている。



きっと、あのとき俺の後ろに誰かがいたんだ。



そう思いたい。



でも、後ろには川があって、人が立てるスペースはなさそうだった。



全身に鳥肌を感じながらも、自分を何とか納得させようとする。



怖い話やホラー映画じゃあるまいし、これが心霊写真なわけないじゃないか。。。。



でも、どうしても気になり、何度も何度も見てしまう。



ああーー、何で今まで気がつかなかったんだろう。



これどう見ても、幽霊だろ・・・・?



でも、どう対処していいのかわからない。



お祓いすればいいのか?



でも、お祓いってどこでやるんだ?



そう思いながらも、途方に暮れる。



そうだ。



中学時代に、霊感強い友達がいたっけ。



あいつに相談しよう。



Aさんは、その霊感の強かった友達に電話した。



都合いいことに、すぐに電話に出てくれて、事情を説明する。



「え?卒アルのお前の写真に、幽霊が写ってるって?ちょっと待て。今確認するから。」



そう言うと、友達も中学の卒業アルバムを引っ張り出してくれた。



これだから同級生はいい。



でも、次の瞬間、友達の言葉に驚いた。



「お前が言っているページに、お前が言っている写真ないぞ・・・・」



そんな馬鹿な。



Aさんは何度も説明した。



でも、友達の卒アルにはこの写真がないのだという。



電話では埒が明かないので、二人は次の日会って確認することにした。



久しぶりの再会、挨拶もそこそこに、二人は大事な確認をしあった。



友達の言っていたことは、本当だった。



その心霊写真は、Aさんの卒業アルバムだけに載っていたのだ・・・・



友達曰く、すぐにお祓いに行ったほうがいいとのこと。



これには、禍々しい何かを感じる、と。



次の日、Aさんは交通事故にあった。



何もない道で、バイクに突っ込まれたのだ。



幸い、命に別状はないものの、足を骨折してしまった。



それからというもの、Aさんの周りで奇妙なことばかりが起こる。



早いところ、心霊写真をお祓いして貰った方がいいのかもしれない。







その後、Aさんは無事にお祓いを済ませ、今は平穏に暮らしているという・・・・



終わり


posted by ぬーベー at 16:41 | 本当にあった怖い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年02月03日

心霊写真を燃やすと呪われるのか

大工をやっているAさんと管理人が、居酒屋で話した時のこと。



「今までに心霊体験とか、怖い経験ってありませんか?」



そう質問すると、1つだけあると答えてくれるAさん。



この話は、Aさんが高校時代の話。



当時、地元の暴走族に所属していたAさん。



夜な夜な、近所の空き地や駐車場などにたむろしていたそうだ。



ある日、暴走族仲間たちで何を思ったか墓場で飲み会をやったらしい。



酒が入るごとに、羽目を外すやつも出てくる。



中でもBは、調子に乗るタイプで、悪ノリをしすぎてしまった。



墓場の板塔婆(いたとうば)を、かき集めてきて火をつけた。



なんと、板塔婆で焚き火をするというシャレにならないことを始めたのだ。



さすがに、仲間内でも引いている奴もいたらしいが、酒が入っていることもあり、大笑いしてる奴の方が多かった。



仲間の一人が、そんな悪ふざけをしている仲間たちの記念撮影をしていた。



当時はまだデジカメなどない時代で、使い捨てカメラを使って撮影した。



それから数日後。



その現像した写真を見たときに、多くの仲間たちの顔が青ざめた。



「これ、さすがにヤバくねえか?」



なんと、板塔婆を燃やしたBの肩に白い手が映りこんでいた。



Bが写っている写真のすべてに手があるのだ。



しかも、その手というのが、5本の指すべてが明後日の方向に曲がっていて、誰かのイタズラではないことが良くわかる完ぺきな心霊写真だった。



当の本人であるBは内心怖かっただろうが、その写真を見て大笑いしている。



そして、その写真をかき集めて、すべて燃やし始めた。



いつもの悪ノリだ。



しかも、またもやその悪ノリに便乗した奴がいて、心霊写真を燃やすBの姿を使い捨てカメラで撮影していた。



それからまた数日後。



その写真が出来上がり、それを見た奴らは皆絶句した。



心霊写真を燃やしたときに出た煙が、人の顔の形になっているのだ。



なんとなく人の顔というレベルではなく、完全に人の顔そのものだった。



Bは、それを見て顔をひきつらせながらも、笑っていたらしい。



もう笑うしかなかったのかもしれないが。



一月後。



Bは亡くなった。



ノーヘルでバイクに乗っているところに、トラックと衝突したのだった。



即死だったという。



板塔婆を燃やしたから呪われたのか、心霊写真を燃やしたから呪われたのか、それともすべては単なる偶然なのか。



今は更生し、立派な社会人をやっているAさんは言っていた。



「俺、幽霊とか完全には信じてないですけど。あまりに罰当たりなことは良くないと思いますね。Bの一件以来、何となくですけど、あまりに酷いことはしない方が良いと思うようになりました。」



終わり
posted by ぬーベー at 20:42 | 本当にあった怖い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年01月11日

ボロアパートの怖い話 麦茶

これは管理人の知人が20年前に体験したという話。


その男性は、学生時代ボロアパートで独り暮らしをしていた。


ある日男性がバイトから戻ってきてみると、冷蔵庫に入れていたはずのお手製の麦茶がテーブルの上に出ていた。


「あれ?おかしいな?しまい忘れたか?」


自分のしまい忘れだと思い、麦茶を冷蔵庫に戻した。


数日後。


その日も夜遅くバイトから部屋に帰ってきてみると、またもや麦茶がテーブルの上に出ていた。


今度は確実に冷蔵庫にしまった記憶があったそうだ。


でも、実際に出ている。


自分が若くしてボケてしまったのではないかと、本気で心配になったのだとか。


次の日からは麦茶を冷蔵庫にしまうことを、しっかりと意識しながら行動するようにした。


さらに数日後。


バイト先から夜遅くに帰宅してみると、外から自分の部屋の明かりがついていることに気が付いた。


「あれ?今度は電気まで消し忘れているのか?」


不思議に思いながら、鍵を開けようとすると、鍵が開いている。


??


部屋に入ってみて驚いた。


一瞬、何が起こっているのかに気が付くまでに数秒かかったらしい。


なんと・・・


見たこともない知らないおじさんが、自分の部屋にいたのだ。


しかも、そのおじさんは冷蔵庫から麦茶を出して、その麦茶の中に何やらよく分からない液体を混ぜているのだ。


あまりの光景に男性は言葉をなくした。


やっとしぼり出てきた言葉は。


「あんた。。。なにやってんだ?!」


その言葉が引き金になり、そのおじさんは男性の立つ玄関まで猛ダッシュしてきた。


男性を押しのけると、外に飛び出していったそうだ。


男性はあまりのことにしばらく放心し、その後気持ち悪くなってきた。


今まで麦茶に何かを入れられていて、それを飲み続けていたのかもしれない・・・


そう考えると、吐き気が止まらなくなってしまった。


すぐに、麦茶を流しにすべて捨て、入れていた容器を処分した。


その後、少ししてそのアパートを出たらしい。


----------------------------------------


この話を聞いたときに、管理人はすぐに聞いた。


「なんですぐに警察に連絡しなかったの?麦茶も証拠として出せばよかったのに。」


「ああ、うん。そうだよね。今考えるとそれが一番なんだろうけど、当時はまだまだ子供でトラブルが怖かったんだろうね。それに、警察に行こうという発想は、麦茶を流しに捨てた後に思いついたんだ。人間パニックになると、行動が滅茶苦茶になるね。」


一体、そのおじさんは、何が目的で、麦茶に何を入れていたのだろうか?


謎だらけの話だが、現実的で鳥肌が立つくらい怖い話に感じてしまった。


終わり
posted by ぬーベー at 18:11 | 本当にあった怖い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。