2014年12月27日

子供の夢遊病 宇宙人の誘拐か?

管理人が知人から聞いた話。



その知人を、仮にAとしよう。



Aは6歳のころに、警察沙汰になり規模は小さいながら、大騒ぎを起こしてしまったらしい。



だが、その内容がとても不思議なのだ。



Aはある日の夜に、いつも通り眠った。



次の日の朝に起きてみると、大騒ぎになっていたらしい。



なんでもAは3日間もの間、行方不明になっていて、警察にも失踪届けが出され、誘拐事件ではないかと大事になったというのだ。



当然、Aには誘拐された記憶などない。



いつも通り眠って、次の日の朝に起きただけ。



それなのに、3日間行方不明だというのだから意味がわからない。



仮に夢遊病だとしても、6歳児が一人で遠くに行けるはずもないし、大人たちが真剣に探しても見つけ出せないなんてことがあるだろうか?



本人に「出かけたこと」と「戻ってきたこと」の記憶がないのもおかしい。



なにより、子供が3日間飲まず食わずで健康状態を維持できるとは思えない。



一時的な神隠しといえばそれまでだが、当時は「宇宙人の誘拐説」や「異次元に行ってしまっていた」などのオカルトな説を、周りの大人たちが真剣に考えてしまうくらい謎だったのだという。



たしかに、朝起きたときに異次元の世界に旅立っていたというエピソードは、「学校の七不思議なのか?」とも似ていなくもない。



もしかすると、眠るという行為は、どこかに旅立つ可能性を秘めているのかもしれない・・・・



ちなみに、このエピソードから20年以上経ったが、Aの首の裏にチップを埋め込まれていたなどの後日談はないという。


posted by ぬーベー at 21:34 | 奇妙な経験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。