2014年02月23日

バーの自縛霊 不思議な体験

「バーの自縛霊 不思議な体験」


これは、知り合いのAさんが体験した怖い話です。


Aさんは、あるとき旧友のBさんと街で偶然再会し、お互いに時間が空いていたものだから、じゃあ今から一緒にのみに行くか、ということになったそうです。


ふと見ると、そばにバーがあるのが見えたそうなので、あの店でいいかと、深いことは考えずにそのバーに2人で入りました。


店の雰囲気も悪くなく、2人で思いで話に花が咲いていたときに、Bさんがおかしなことを言い出したそうです。


「なあ、あのカウンターに座っている女変じゃないか?」


見ると、カウンターには1人で来ているであろう客が何人か座っているのですが、その中に1人だけ女性客が混じっている。


一見普通の女性客。


Aさんには、何が変なのかまったくわかりません。


Aさんの座っている位置からでは振り向かないとカウンターは見えないのですが、Bさんの座っている位置からはカウンターがよく見えるので、Bさんはその女性をしばらくの間観察していたそうなのです。


で、Bさんがその女性客を見ていると、その客は誰とも話をしていないのです。


それどころか、飲み物が手元にない上に、まったく動かないのだそうです。


最初は、メニューが決まっていないだけかと思っていたそうなのですが、1時間近くも誰とも話さずに何も注文していない。


おまけに、微動だにしない。


これは普通じゃありません。


その女性客に対して、店のスタッフもリアクションが無いそうなのです。


普通なら、スタッフが客に話を振ったり、注文取ったりしますよね?


それがまったくないとなると、明らかにおかしいです。


でもまあ、ほかの客のことを気にしても仕方がないので、2人はそれ以降その女性客を見ないようにして、楽しくお酒を飲んでいました。


1時間ほど経ったでしょうか。


またBさんが、ふとカウンターを見ると、さっきの不思議な女性客が消えていたそうです。


あれ?


と思って、ちょうどメニューを聞きにきたアルバイトのスタッフに


「さっきカウンターに座っていた女性のお客さん、帰ったんですか?」


と尋ねました。


すると、そのアルバイトの子は


「え?いつの話ですか?今日はまだ、カウンターに女性客は座ってないですよ?」


と、答えたのです。


AさんもBさんも、その女性客のことを見ていますから、「そんなはずない、このアルバイトの子が勘違いしているだけだ」と、店長さんにまで聞きに行ったそうです。


アルコールが入っているせいで、ちょっとしたことが気になったのでしょうね。


で、店長にカウンターに座っていた女性客のことを尋ねると、明らかに顔色が変わって、


「・・・・え?女性客、見えましたか?・・・・ああ、帰ったんですかね・・・・」


と動揺を隠せないような、歯切れの悪い答え。


AさんもBさんも、なんだか気味が悪くなり、その店を出たそうです。



後日、Aさんは、「あれは、おそらく、店の自縛霊だ。本当に不思議な体験だった。」と言っていましたが、その客は幽霊だったのかもしれません。


これを実際に味わうと、完全に不思議な体験でしょうし、けっこう怖いでしょうね。


posted by ぬーベー at 18:21 | 奇妙な経験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。