2013年01月03日

意味が分かると怖い話 解説「お見合いパーティー」


数年前のこと。


これは、私の実体験からくる意味が分かると怖い話です。


私は、都内で一人暮らしをしているOLです。


実家は、新潟で野菜農家をしています。


たまに実家から連絡があるかと思えば、


「早く孫の顔が見たい。」


とか、


「誰かいい人は居ないのか?」


など、そればかりです^^;


当時の私には、もう1年以上お付き合いしている方も居なかったし、友達に何度も誘われたことから、1度だけお見合いパーティーというものに参加してみました。


合コンなんかにも積極的に参加しない私にとって、お見合いパーティーは居心地が悪く、どなたともあまりお話できませんでした。


自分のことはもちろん話せないですし、お相手男性の話した内容も緊張のためほとんど聞いていませんでした。



それでも、数名の男性が帰り際に会場の入り口で名刺をくださいました。


「絶対、絶対メールして。お願い。君に一目惚れなんだよ!」


お世辞とはわかっていたものの、そこまで言ってくれた男性1人だけに名刺のお礼のメールを差し上げました。


その日から何度も何度もメールが来るようになりましたが、やり取りをしてみて、私はその男性のことを好きにはなれなそうだったので、徐々にメールのお返事頻度を減らしていきました。


メールでは、私の話は一切することなく、ほとんどがその男性の日記的な内容でしたので、返事に困ったというのもありましたが^^;


返事をほとんどしなくなってからは、男性からのメールもいったんなくなりました。


でも、1ヵ月後にこんなメールが。


「やっほー^^元気?今、新潟に来てるよー。やっぱ、新潟の野菜は美味しいね。××ちゃん(私の名前)も、毎日こんな野菜食べてたんだよね。ご家族が作った野菜は、より一層美味しいんだろうな。そうそう、そういえば〜(途中省略)では、またね。返事待ってるよー^^」



私は、2度と返事もしませんでしたし、携帯番号もアドレスも変えました。


















解説:この女性は、その男性に個人的なことをほとんど話していない。ましてや、出身が新潟で、実家が野菜農家であることなどは一切言っていない。
いちおう、お見合いパーティーに一緒に行った友達にも確認を取ったそうだが、そんな男性の存在すら知らないということだった。


posted by ぬーベー at 08:34 | 意味がわかると怖い話 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。